健康生活で100年生きる体づくり|美と健康の調和メソッド

薬

脳梗塞の予防方法

笑顔

いきなり訪れると怖い病気は幾つか存在します。中でも脳梗塞等は脳へのダメージが非常に大きく、命が助かったとしても後遺症が残る危険性も考えられます。脳梗塞は死因上位にあり、人事でない事が分かります。脳梗塞が起こる原因は血管が詰まる事による血液のストップです。私達の体は血液が周って始めて酸素が補給され、代謝を行うことができます。実は血液が一瞬止まったからといって大きな生涯になることはありません。しかしこれが数十秒を超えてしまうと機能がストップし、手や足などであれば次第に壊死し始めます。そして脳も同様で脳機能が停止し、脳細胞が破壊されていきます。一度破壊された脳細胞は決して再生することはありません。それほど脳細胞は非常に繊細で、脳細胞の破壊が意味することは生命活動が維持できなくなることになります。

脳梗塞を予防するには血液が詰まる原因を省くことで対処することが出来ます。予防するにはまず血液がサラサラしている必要があります。ドロドロであれば詰まりやすくなるのは素人目でも分かります。ドロドロ血液になる原因は食生活が大きく影響しています。職の欧米化は食生活を豊かにしましたが、必ずしも体内にいい影響を及ぼすとは限りません。動物性タンパク質や脂質糖質、高塩分濃度の食品を摂取してしまうと血液がドロドロになりやすくなります。適度に欧米食を食べるのであればそれほど問題ではありません。しかし食べ過ぎというのは良くありません。適度に抑え、時には生野菜や植物性タンパク質を摂取することも予防には大切になってくるでしょう。